マルカ醤油!! | 日記一覧

一味違う。強いコクの低塩しょうゆ。いかがですか。(日記メインです)オフィシャルHPにて販売中

Top >  日記

マルカ醤油!! の日記

新たなる調味料を模索「ジビエ醤油」

2017.05.29

ジビエと言えば、鹿肉や猪肉。
ここ下関市では野生のシカやイノシシがたくさん発生していて農作物を食い荒らすという被害をはじめ交通事故の被害も日常茶飯事。
深刻な問題となっています。
今ではその良質なお肉(ジビ…

続きを読む

新たなる調味料を模索「ジビエ醤油」

防災訓練

2015.06.18

過去に貯めていた写真の中から。
地元の消防団員である私。ある日の日曜日だったか、防災訓練に参加しました。
訓練会場は旧豊北第二中学校のグラウンド。
想像していたより本格的で、消防車、救急車、パトカー。そして…

続きを読む

防災訓練

一石を投じる?

2015.06.11

当蔵の味噌を熟成させるとき、石の重りを乗せるのですが、これがなかなかの曲者。 といいますのも、石一個あたり20~25kgあり、かなり重い。
それも高さ170cmくらいのところに15石くらい乗せます。
普段、…

続きを読む

一石を投じる?

マッチングサイト

2015.03.20

ものづくりに長けた人

販売に長けた人

そういった人と人とをネット上で結びつけ、ビジネスのプロデュースをアシストする「マッチングサイト」というツールがある。
この言葉を近年よく耳にするようになりました。
そんな…

続きを読む

サードオピニオンextra

2015.03.05

久々の日記となりました。
以前、息子の眼病「春季カタル」について語らせていただきました。
タイトルを「サードオピニオン1・2」と二度に分け書き綴ったのですが、その春季カタル奮闘記に新たな風が吹いたので日記…

続きを読む

サードオピニオンextra

故郷の景色

2015.01.29

久々の更新は、当蔵の醤油が生まれた漁村をお披露目。 これといった産業もなく、過疎の進行に歯止めがかからず。 かつては、脂ののった魚がたくさん水揚げされ、その脂に弾かれることなく刺身に絡みつく醤油を開発した…

続きを読む

故郷の景色

特牛イカ魚醤料理開発

2014.11.21

魚醤で料理をするというのは、なかなか高度な技術を要するのでは? 確かに、当蔵のかけ醤油のようにホカホカ白飯にかけるだけでご飯が何杯でも。 、という具合にはいきませんでした。 超絶にうま味はありますが、なんせ…

続きを読む

特牛イカ魚醤料理開発

ギネス級!?コクワガタ捕獲

2014.09.08

久々の更新です。小さいにも程がある1円玉よりも小さいクワガタを発見しました。とても元気です。

続きを読む

ギネス級!?コクワガタ捕獲

特牛イカの身の部分を使用してできたしょうゆ

2014.08.20

イカ魚醤で有名なのが石川県のいしり。 いしりはイカの内臓で醤油を作っています。 相当な栄養価、旨味を有しており大変すばらしい調味料なのですが、独特な「クセ」がネックとなり調理の幅が限られてしまっている感じ…

続きを読む

特牛イカの身の部分を使用してできたしょうゆ

おもしろしょうゆ

2014.08.12

日記の前に。文章に段落がつかないので読みづらいかと思いますが、ご了承ください。句読点多めにいきます。巷では密かに?スプレー醤油なるものが流行っているそう。実はマルカ醤油の蔵人である私も遥か昔、100円…

続きを読む

おもしろしょうゆ
1 2 3
【PR】  居酒屋ダイニング アルバトロス  赤帽田中館運送店  A.baLance カイロプラクティック  池田屋酒店  クイックカットTOPJUNCTION